プール調教ができない金槌馬もいる

競馬では、競走馬を調教するために、プールで訓練することがあります。
しかし、馬の中には金槌の競走馬もおり、泳ぎが得意ではないものもいるのです。人間と同じで、馬にも得意不得意があります。
人間でさえ泳げる人と泳げない人がいるのですから、馬にももちろん泳げる馬と泳げない馬がいるのです。

基本的な調教プランを考えて、馬を歴戦の強者にするのが調教師の仕事ですが、金槌の馬に関してはプールでの調教はできなくなります。
その為、他の訓練を行い、実力を補うことがされています。
調教に関しては、それぞれ得意不得意があるので、馬によって合わせていくことが必要になります。

その為、調教師もまた大変な仕事となります。
馬と心を通わせて、どのような馬にどのような調教を行うのか、その点を考えて行動することが必要となります。
例えば、プールが苦手な馬に、プールの調教を無理にさせるのは良くありません。馬にとってもストレスになりますし、無理に調教をするということはできないからです。

それぞれの長所短所を考慮して調教するのが、調教師の仕事となるのです。競馬にとって馬は大切な宝物と言っても良いです。調教とは、馬自身を磨くための者でもあるのです。