二刀流でレースに参加した騎手がいる

レースを行う時、騎手は馬をコントロールするためのムチを所持します。
馬はそれぞれ性格によって、大人しいものだったり、好戦的なものだったりします。
それに合わせて騎手はムチでコントロールするのです。実際にムチに関しては、馬に怪我を負わせるものはありません。

一見すると物凄い勢いで叩いているように見えますし、事実思いっきり叩いている方もいます。
ただ、馬にとってはそれらのムチで怪我することはないので安心してください。そして、この無知に関して面白い話があります。
それは「レースに二刀流で参加した騎手がいる」という話です。本来ムチは片手に所持して、競走馬をコントロールする時に使います。

ただ、その騎手は両手にムチを持ち、二刀流でレースに参加したのです。その騎手こそ、日本を代表する名騎手の武豊騎手です。
彼はレースに二刀流で参加し、馬を自在にコントロールしたという実績があります。
普通の騎手であれば、そういった良い意味でトリッキーなことはあまり行わないのですが、武豊騎手は積極的にレースに勝つため、色々な方法を試していた騎手でもあるのです。

競馬は知れば知るほど面白い豆知識が多いです。
その中でも二刀流は大きなインパクトを観客に与え、すでに伝説的な出来事として語られることもあります。