騎手の人は普段何をしているの?

競馬の騎手というと、荒れ狂う競走馬の背中に乗り、レースを盛り上げてくれる人ということで知られています。
しかし、実際に普段は何をしているのか気に二あるという方も多いのではないでしょうか。そのプライベートや素顔を見てみましょう。

まず、騎手というのはレース以外でも馬とトレーニングをしたり、レースに合わせて調整を行ったりします。

騎手と調教師は異なりますが、それらの人々と協力し、最高のレースを繰り広げられるように努力を重ねているのです。
また、レース時に怪我をしないよう、入念な競走馬との信頼関係づくりも行っています。
普段から馬と関わりを持つことで、競走馬との距離を縮めていくことも騎手の仕事の一つなのです。

騎手は命の危険と隣り合わせということで、常に集中力を持つことも必要となります。
そういった面で、プライベートや素顔はしっかりと休養し、レースで力を発揮するという方が多いです。
競馬は多くの観客を熱狂させることが仕事ですが、騎手本人も毎回のレースで熱狂していると言っても良いです。

ただ、その素顔は競走馬との信頼関係を大切にする心優しい方が多いです。
馬と共にレースを駆け抜け、勝ったとしても負けたとしても馬を褒める。
これが騎手が行っている馬とのコミュニケーションです。