衣装に関するあれこれ!騎手の衣装ってどのようなもの?

レースに参加する時、欠かせないのが騎手の存在です。
その騎手はそれぞれ衣装を着ています。衣装というよりはユニフォームや勝負服という方が良いかもしれません。
現在でこそ、その勝負服は体のラインにピッタリと密着するものが主流になっていますが、実は日本で一番最初にそういった勝負服を着た騎手がいます。

それが名実共に名高い武豊騎手です。彼はレースで風の抵抗を最小限に抑える為、エアロ勝負服を最初に来た騎手として知られています。
競馬のレースと言うのは、実は騎手によって大きな影響を受けます。
馬は風を切って走りますが、騎手のコントロールによっては実力を発揮できないこともありますし、騎手の風の抵抗なども受けることがあります。

それを最小限に抑えるため、武豊騎手はピチピチのエアロ勝負服でレースに参加しました。
その後も数々の勝利を挙げ、彼は日本を代表とする競馬の騎手として名を馳せたのです。
騎手の服装に関しては、色々と規定がありますが、その中でも確実に勝利を掴むために行動したのが武豊騎手なのです。

その影響を受け、近年では改良を重ねた勝負服なども登場し、さらに競馬の精度も高くなっています。
競走馬に注目するのも良いですが、騎手に注目してみるのも面白いのが競馬です。