例外的な”ある馬券”が売られたことがある

競馬というのは、どの馬が勝利するのかを予想して楽しむものです。
自分が気になった馬や気に入っている馬、数々の勝利を収めている馬など、客観的かつ主観的に考えて予想する楽しみがあります。
しかし、ある競馬で勝利する馬を当てるのではなく、最下位を当てる逆単勝馬券が販売されたことがあります。

これは競馬界でも意外と知られていない話で、競馬を楽しんでいる方が一度は考えたことがある馬券だと思います。
レースと言うのは、予想して楽しむ分、勝ちを予想すると、もちろん負ける馬も予想します。その負ける方をあえて選ぶという馬券。
それが逆単勝馬券だったのです。この販売は大きな反響を呼び、今でもそういった予想をしてみたいという方もいます。

本来は勝利するのを予想する競馬ですが、そういった例外的な楽しみ方が生まれることもあるのが特徴です。
ただ、不調の馬を当てるのは粋ではないですし、場合によっては予想も簡単になってしまうことがあり、実際のレースは勝利を予想するものが基本となっています。
馬券を購入するときは、勝利する馬を選択しますが、それと同時に「どの馬が負けてしまうのか」と言う点も予想してみると楽しいかもしれません。

全ての馬に目を向けるというのも楽しいですよ。